住宅の購入

日帰り出来る住宅見学会を調べて参加する

注文住宅という選択肢で新築一戸建てを建てるには、それ相応の知識と認識とセンスが必要です。もちろん、注文住宅を建てるのはプロの手をかりてのことですが、それでも注文住宅を依頼する際に、プロの話が聞ける、判断できるだけのレベルでなければ、家族みんなが満足出来る注文住宅を建てることは出来ないでしょう。そして、そのためにはとにかく、住宅見学会に参加して十分にプロから色々なことを得て、学ぶ必要があります。とりあえず、インターネットで日帰りで出掛けられる住宅見学会の一覧を作成しておくと便利です。そして、その一覧を家族みんなにメールして、スケジュールを合わせると良いでしょう。また、実際に出かけた住宅見学会についても一覧表をつくって保存しておくと良いでしょう。

データは一覧表を作成して残しておくと便利

とにかく、住宅見学会に参加して得たものを、エクセルなどで一覧表にして記録に残しておくと、後で写真や動画を見直す際にも便利です。またこの際には、家族だけが見て解るようにしておくのではなく、たとえば打ち合わせでプロの建築家に見てもらっても、解りやすいようにしておくことが必要です。そうすれば、どの住宅見学会の資料を参考にしてもらいたいのか、先方にも伝わりやすくなります。打ち合わせの前などに、資料としてメールで事前に渡しておけば、短い打ち合わせでも、よく内容が伝わるようになるでしょう。プロの建築士は、そういった資料の中から、どういった一戸建てを求めているのか見抜く事が出来ますので、それを踏まえて設計にチカラを注いでくれるはずです。